レーザー治療

炭酸ガスレーザー

ホクロは母斑細胞という細胞が増殖してできているので、炭酸ガスレーザーを用いて治療します。

炭酸ガスレーザーは遠赤外線を発振し、色調に関係なく水に吸収されて熱を発生するレーザーで、皮膚の細胞を蒸散させながらとりさっていくものです。
どうしても少し皮膚にキズが残りますが、手術や電気メスによる治療にくらべると、キズ痕はきれいになります。