子宮頸癌の予防ワクチン

子宮頸癌ワクチンを受けられる方へ

子宮頸癌ワクチンは2種類のワクチンから選べます。
どちらのワクチンが良いかは現在の所、はっきりとした結果が出ていません。
途中でワクチンの変更はできません。

 サーバリックスガーダシル
ワクチンの
特徴
2価ワクチン
HPV16,18
(HPV31.33.45にも効果??)
アジュバント(免疫増強剤)が添加
4価ワクチン
HPV16,18,6,11
子宮頸癌+尖圭コンジローマ*に効果が期待できる
接種間隔0、1、6ヶ月0、2、6ヶ月

* 性器や肛門周囲にできるイボ。良性ですが治療しにくい。

☆ サーバリックスの方が高い抗体価が得られるとの報告があり、長期に抗体が持続するとも考えられていますが、抗体価と実際の効果は必ずしも比例しないという報告もあります。

☆ また注射部位の疼痛、腫脹、発赤などがサーバリクスの方が強いという報告があります。

☆ どちらを選ぶかは尖圭コンジローマも予防したい場合はガーダシル、子宮頸癌のみで良い場合はどちらでも良いと思います。

☆ 現在発売から10年で、今の所、両者の効果に差は見られていませんが、将来的には効果に差が出る可能性はあります。