アトピー性皮膚炎はどんな病気?

アトピー性皮膚炎のメカニズムは私たちを含め多くの研究者により明らかになってきました。診断と治療も患者さんの状態に合わせて科学的に行うことができるようになりました。
皮膚は体に良くないアレルゲン(ダニ、花粉、カビ、ペットのフケなど)が入らないよう皮脂の膜と皮膚の表面の硬い膜(角層)のバリアにより守られています。アトピー性皮膚炎の患者さんでは角層の弱い方や皮脂の少ない方が多く、バリアが弱って、乾燥してひび割れた状態が見られます。このような皮膚ではアレルゲンが入りやすくなります。アレルゲンが皮膚に入ってしまうと、白血球が皮膚へ寄っていき、アレルゲンがついた皮膚を壊して小さな水ぶくれを作ってアレルゲンを体から出す反応をします。これが皮膚炎(湿疹)です。皮膚炎ではじゅくじゅくした浸出液がでますが、これにはアトピー体質を作る白血球や痒みをつくる細胞を増やす成分(Th2サイトカイン)が含まれており、皮膚炎が繰り返し続くと皮膚が敏感に反応するようになり、アトピー性皮膚炎になってしまいます。アトピー性皮膚炎は自分を守る反応が過剰になってしまった状態です。

アトピー性皮膚炎の診断

アトピー性皮膚炎は患者さんそれぞれに違った原因と病状があります。多くの患者さんは乾燥肌で、皮膚から入ったアレルゲンに敏感に反応して皮膚炎を起こす外因性アトピー性皮膚炎です。皮膚の状態で診断するほか、アトピーの重症度を測る検査(IgE-RISTやTARC)やどのようなアレルゲンに反応するか(抗原特異的IgE、MAST/View39)の検査を行うと病状がよくわかり治療の目標になるほか、生活で気をつけることがよくわかるようになります。またIgEが高くない内因性アトピー性皮膚炎もあります。

アトピー性皮膚炎の治療と予防

外用薬の役割:アトピー性皮膚炎を治療には、まず、今起こっている炎症を素早く止めて、皮膚を壊れないようにしていく必要があります。ステロイドやタクロリムスの軟膏でまず炎症を止めていきます。それぞれの患者さんの個々の体質や病状に合わせて最適な薬剤を選択し、早く炎症をとめて症状を取るとともにアトピー体質がひどくならないようにします。炎症が治まれば、その状態に合わせ,維持療法用の薬剤へと変更していきます。炎症が落ち着くと,バリアも改善して外用薬を塗る範囲や頻度も少なくすることができます。

内服薬の役割:アトピー性皮膚炎は痒みが強くひっかいてしまいます。皮膚をひっかくと肥満細胞から痒み成分(ヒスタミン)が出て、さらに痒みが強くなり、バリアも壊してしまいます。外用薬も痒みに有効ですが、かゆみの成分ヒスタミンを押さえる抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)を同時に使って行くとより早く治療ができます。ひっかかれた皮膚は炎症やアトピー体質を強くする成分(Th2サイトカイン)を出すので、抗ヒスタミン薬の内服はアトピー性皮膚炎の改善に役立ちます。

アトピー性皮膚炎のスキンケア

アトピー性皮膚炎の患者さんはバリアが弱い体質の方が多く、アレルゲンの侵入を防ぐため、保湿剤などによるバリアの強化(スキンケア)が必要になります。また、皮膚炎が起こったところは一時的にバリアが無くなっているので回復するまで保湿剤などによるバリアを補強するためのスキンケアが大切となります。また一度治った場所も再発を防ぐためスキンケアを行います。スキンケアに用いる薬は患者さんそれぞれの体質や状態に合わせて処方します。

アトピー性皮膚炎治療の目標

アトピー性皮膚炎の治療は①痒みから解放されて、通常の生活ができる、②見た目にアトピー性皮膚炎と判らない普通の皮膚で暮らせる、③週1−2回の外用治療と毎日の短時間の皮膚の手入れ(スキンケア)で快適な生活がおくれることを目指します。手順を踏んで治療していくことにより、多くの方がこのような状態になることができます。

最重症の方の治療

①シクロスポリンの内服治療:通常の治療では皮膚炎が強く治療が困難、業務の関係で治りにくい、外用療法が困難な患者さんでは、免疫抑制剤内服の治療を行うことがあります。乾癬や膠原病の治療にも用いられるシクロスポリンの少量の内服治療が有効です。全身のアトピーを起こす白血球の機能を抑制して、早く皮膚の免疫状態やバリアを回復させ、通常の治療へ移行させる治療です。経験のある専門的な皮膚科医のもとでの治療が必要です。

②抗体療法:2018年から認可になった新しい治療です。上記の治療でどうしても対応できない重症の患者様が対象です。白血球が産生するアトピー性の反応を起こすIL-4/IL-13という物質(Th2サイトカイン)を抑制します。ヒト型抗ヒトIL-4/13受容体モノクローナル抗体デュピクセント®を初回に600mg、2回目以降は300mgを2週に1回皮下注射します。4ヶ月を目安に治療します。外用治療を併用しながら治療します。アトピー性皮膚炎の診断及び治療に精通している医師のもとで行うことが決められています。

スキンケア

アトピー性皮膚炎の原因として、今一番重要視されているのは、皮膚の乾燥です。
以下に皮膚の乾燥を防ぐために大切な事を上げます。

1.洗浄剤、石ケンを使いすぎない

洗浄剤、石ケンは普通のもので良いのですが、刺激を感じる場合は低刺激のものを使いましょう。アトピーの皮膚はアルカリ性に弱いので、アルカリ性の固形石けんより中性や弱酸性の液体洗浄剤のほうが刺激が少なくなります。汗が刺激になるので夏は毎日洗浄します。冬は皮脂を取り過ぎないよう洗浄剤は2−3日に1回ぐらいの使用にとどめ、ナイロンタオルなどは絶対に使用せず、少量の洗浄剤を手のひらであわだてて軽くこする程度にします。外用薬を使っているときは毎日入浴、洗浄して下さい。

2.冷暖房は強くしない

冷暖房は強すぎると空気が乾燥し、皮膚も乾燥してしまいます。
特に冬などは必ず加湿する様にしましょう。花粉のシーズンは空気清浄機も有効です。

3.シャンプーとリンス

シャンプーは控えめに、2−3倍に薄めて使用することも有効です。すすぎを十分することが重要です。リンスも良くすすいで下さい。

4.入浴は毎日

少しぬるめのお湯に毎日入りましょう。入浴することで皮膚の表面のホコリやアレルゲンも取り除かれます。
また角層に水分を補給する効果があります。保湿剤入りの入浴剤の使用は効果的な事が多いようです。

5.入浴後保湿剤をぬる

入浴後よく水分をふきとり、直ちに保湿剤を外用し、水分の蒸発を防ぎます。

・ワセリン、ヘパリン類似物質(ヒルドイド)軟膏、尿素系軟膏、セラミド入りクリーム等の上手な使用により軽症のアトピーは十分コントロールできます。 重症の場合は皮膚科専門医の指導の下で、皮膚の状態に合わせたステロイド剤やプロトピックなどの併用が必要になってきます。症状が改善すれば上記の保湿剤だけでコントロールできる様になる場合も少なくありません」。

・ステロイド(副腎皮質ステロイド)外用薬はアトピー性皮膚炎治療の標準治療薬として世界中で使われています。炎症や痒みを取る効果が強く非常に有効な薬剤です。副腎皮質ステロイドはヒトの体内で作られる自然な物質で体の中で代謝され排泄されますので、体内に蓄積されることはありません。アトピー性皮膚炎の炎症も体内(副腎)で作られる自前のステロイドで押さえようとしていますが、対応が追いつかない状況ですので、外から塗り薬で助けてあげることになります。外用薬に含まれるステロイド薬は皮膚で効いて分解され易く、全身への影響が少ない設計になっています。妊娠中にも使える薬剤です。弱点としては、体の皮膚ではあまり起きませんが、顔面には長期使うと皮膚が薄くなり血管が開いて赤ら顔になってしまうことです。現在は以下に述べるタクロリムス軟膏がありますので、副作用を避けることができるようになりました。また、重症の方が急にステロイド外用薬を止めると悪化するので症状に合わせて減量していくことが重要です。

・タクロリムス(プロトピック軟膏)はステロイドとともにアトピー性皮膚炎の有効な治療薬として使われます。
タクロリムスは、放線菌から産生される化合物でアトピー性皮膚炎を引き起こす白血球(リンパ球)の機能をコントロールします。ステロイドも免疫抑制剤ですがその作用がほとんどすべての細胞におよび、効果も副作用も多岐にわたるのにくらべ、タクロリムスはリンパ球に特異的に作用するので副作用が少ないことが特徴です。
プロトピック軟膏は顔面などの炎症症状が強く赤味をともなう皮疹に効果的で、ステロイドが有効でも赤味が強くなることで悩んでいた患者さんに喜ばれています。
ステロイド外用剤のように皮膚萎縮、毛細血管拡張、外用中止後のリバウンドが少ない、目の周囲でも比較的安全に使用できる等の利点があります。
ただ、プロトピック軟膏の問題点は使い始めた時、2~3日間はほてり感やヒリヒリ感などの刺激感がでることがありますが、当院では刺激を避ける工夫を行い、皆さんに使用ができるよう指導しています。症状も1週間もするとほとんど感じられなくなり、顔の赤味やかゆみも減少し、大変良い状態となっていきます。長期に使う維持療法に適した薬剤です。
当院の経験では、毎日使って治療を始めますが、軽快後は1週間に1回の塗布で良い状態を維持できる人や1ヶ月に1回程度の塗布で良い人もあります。
プロトピック軟膏の注意する点としては長期使用時に毛のう炎、ニキビなどができやすくなることもあります。
発がんの危険が言われていましたが、現在では他の薬剤に比べて多くならないことが報告されました。
ただ、全身への大量塗布により腎障害や高カリウム血症などの報告があるため1日に2回塗布時、1回の使用量は5gまで1日10gまでに抑える事も注意する必要があります。
小児にも使用できる低濃度の小児用もあります。