1 2 3 4 5 6 7 8 9

2014.07.03 ACR(血小板血漿注入療法)はすごい!

昨日、ACRのキットを販売しているヴェリタスの営業マン赤石さんがきてくれました。
なんと彼、6年間顔の左半分にのみACRの施術を1年に1回続けているそうです。
なんと素晴らしい営業マン魂ではありませんか!
驚いたのはもっとあります。明らかに左半分が額のしわもなく、頬の毛穴も整い、なによりも頬からあごの線がスッキリひきしまりたるみがないのです。
それに比べ右半分は年相応というかたるみが出て頬からあごがブルドックのように四角くなっています。
素晴らしい!の一言です。
私も3年間ACRを続けていますが、顔全体に施術していますので効果があることは分かっていましたが、これほどとは!
患者様から、先生昔より若返ったなあ、とか全く年取らんなあとかお褒めの言葉をいただき、もちろん私はフォトフェイシャルやタイタンもしていますのでその効果もあると思いますが、ACRあらためて恐るべし!
これからも続けていこうと切に思った次第です。
ヴェリタスの赤石サン、ぜひ今度来た時は写真とらせて下さいね。

2014.04.18 春のバス旅行

4月17日木曜日休診の日を利用してスタッフ全員で臥龍桜と高山見物にでかけました。
スタッフの子供ちゃんや院長の両親も参加しました。
朝8時に病院駐車場に集合し、元気よく出発です。
途中SAでおトイレ休憩をとりながら、お昼頃、臥龍桜に到着しましたが‥‥
残念、開花宣言したばかりとかで良ーく見るとちらっと花があるかなーという感じ。
つぼみを愛でて皆で記念写真を撮り、また来るかも?と思いながら次の目的地へGO。
高山市内のキッチン飛騨さんです。
美味しい飛騨牛のステーキをいただき、おいしかったエゴマのドレッシングをお土産にいただき
高山市内散策へと繰り出しました。
みたらし団子、飛騨牛コロッケ、手焼きセンペイ、蜂蜜入りソフトクリームなどそれぞれ思い思いに食べ歩き。
お土産もいっぱい買って、子供ちゃんたちは行きのバスではめちゃ盛り上がっていましたが、さすがに疲れたのか帰りはグッスリ。
帰りのバス内では、ミキちゃんとアヤカちゃんが考えてくれた県名当てクイズとビンゴを楽しみ、ささやかな賞品も手にして家路へとむかいました。
予定より1時間ぐらい早く到着できて良かったです。
ゆっくり休んでまた仕事を頑張って下さい。
楽しませてくれたガイドさん、安全運転の運転手さんありがとうございました。
子供たちの面倒をみてくれたスタッフにも感謝です。
お互いに協力し合うことの素晴らしさと感謝の気持ちを患者様にも反映できるよう頑張りたいですね。

春のバス旅行

2014.04.09 シークレット+ケアシス①

昨日シークレットとケアシスをスタッフに施術してもらいました。
午前の診察終了後、あわてて麻酔クリームを塗布。
ものの15分ぐらいでしびれた感じになりもうきいてきたようです。楽になりました。
シークレットは全体のタイトニングのコースを選びました。ニキビ跡や毛穴のコースもあります。
施術時間は20分ぐらいでしょうか。ちくちくした感じですが思った程痛くありません。
看護師の高木さんが優しく丁寧に施術してくれたのでリラックスしてやれました。
写真は左からシークレット+ケアシス終了後、施術5時間後、翌日です。
半顔終わり、反対側に移る頃には最初にやった半顔部分は火照ってジーンとした感じがありました。
全体終わると顔全体が暑い感じでヒリヒリした感じがします。
その後エステのかよちゃんにバトンタッチし、ケアシスをしてもらいました。
ケアシスマイナス15℃ぐらいでしょうか?
ひんやりして、くるくるマッサージされるのでうとうと眠くなって来るぐらい気持ちいいです。
これはなかなかやめられないかも。
終わったあとは火照りもおさまり赤みもかなりひいていました。
ペップビューの成分がお肌にぐんぐん浸透する感じで明日が楽しみデス。
さて翌日、顔を洗ってみると手触りがスルスル!
少しハリも出たようで今後の経過を見たいと思います。
しばらく続けてみようと思うのでまた報告しますので楽しみにおまちください。

シークレット+ケアシス①
シークレット+ケアシス①
シークレット+ケアシス①

2014.03.04 お気に入りの化粧品

最近はまっている化粧品3種類ご紹介します。
1、CスクエアのFAPエッセンスローション。
フラーレンとAPPSと水溶性コラーゲンを配合した化粧水です。
とても使い心地が良く、使った後のツッパリ感もありません。アンチエイジングの
基本として長く続けたい化粧水です。

2、グリーンフォースエッセンス
話題の幹細胞美容液です。お肌の再生促進。さっぱりした感触です。

3、MTステムクリーム
幹細胞配合のクリームです。
きめ、うるおいアップ、押し上げるようなハリをもたらします。

最近幹細胞が話題ですね。
幹細胞とは自己増殖、分化、補完能力に優れた細胞です。
まだまだの分野とは思いますが、使ってみるとお肌がふっくらした感じで
なかなか良さそうなのでしばらく使い続けようと思います。

お気に入りの化粧品
お気に入りの化粧品
お気に入りの化粧品

2013.11.02 社員旅行マカオ(25.10.27~29)

毎年恒例の社員旅行、今年はマカオに行ってきました!
総勢12人、今年は珍しくスタッフ全員が参加しました。
2泊3日の行程です。
1日目は途中香港空港でマカオ行きのターボジェットに乗り換えるので結局マカオに着いたのは午後4時頃でした。そこに轡田さんという女性のガイドさんがお迎えに。28年間マカオに滞在してるという日本人女性でした。
このガイドさんがすばらしく気のきくとても良いガイドさんでした。まずはエッグタルトのお店に行き名物のエッグタルトをいただきました。火傷しそうにアツアツで美味しかったです。次に現地のスーパーで早速ポルトガルのワインやオイルサーディンなどを買い、早くもスーツケースが重くなりました。
夕食は中華料理をいただき1日目は終了。
2日目は朝からマカオの市内観光です。聖ポール天主堂、モンテの砦、セナド広場を見学し、マカオタワーへ。タワーの上にある回転しながらマカオ市内を見渡せるレストランでビュッフェの昼食をとりました。午後は自由行動。ホテルに隣接するショッピングモールなどで買い物や部屋でのんびりなど思い思いにすごして、夕飯はポルトガル料理をいただきました。その後今回最も楽しみにしていた
ザハウスオブダンシングウォーターというショーを見に行きました。いろいろなショーを見ましたがこんなに素晴らしいショーははじめて見ました。よくもあんなに鍛えられるもんだと思う、出演者たちのアクロバットな動き!鍛えればあそこまで危険な動きができるものでしょうか?それに合わせる音響と照明のすばらしさ。200億円つぎ込んだと言う舞台装置はあっというまにステージがプールから普通の床に早変わり。あっけにとられるというのはこういうことでしょうか?次から次へため息のでるようなステージが続き、あっという間に終了してしまいました。
正直マカオはあまり見るところもなく食べるものなら香港の方が美味しいのですが、このショーを見るためにもう一度マカオに行きたい!と思える程でした。一見の価値有りです。
3日目は朝から自由行動で最後のお散歩も楽しみ、お昼はフェリーターミナルでおいしい麺類をいただきその後香港空港で少しお買い物をして日本に帰国しました。
短い期間でしたが充実した楽しい旅行になりました。

社員旅行マカオ(25.10.27~29)
社員旅行マカオ(25.10.27~29)
社員旅行マカオ(25.10.27~29)

2013.09.22 御宿ジアース

9月後半の三連休を利用して、鳥羽の御宿ジアースに行ってきました。
以前より一度お邪魔したい思っていましたが、なかなか予約が取りづらいようで、ようやくの訪問です。
全室露天風呂付きで全部で17室しかありません。
宿までの道のりはいったいこんなところにどうやって?と思うような細くて曲がりくねった道を進みます。夜は注意が必要です。
お部屋は両親がフォレストスィート、私と娘がリラクゼーションスィートです。
フォレストの方は二階だったので露天風呂からの眺めが素晴らしかったです。
リラクゼーションの方はその名のとおりゆったりと癒されるつくりで、露天風呂は寝ながら海が眺められました。
お部屋も素晴らしいですが、お料理がそれに負けずに美味しかったのが人気のある所以と思われます。
ぜひまた行きたいと思う旅館の一つです。

御宿ジアース
御宿ジアース
御宿ジアース

2013.09.09 ペルー旅行

長い夏休みをいただき南米ペルーに行ってきました。
マチュピチュと言えば日本人が行ってみたい外国第1位らしいです。
ブログを見ていただいてる方の中の行ってみたいと思っておられる方に参考になればと思います。

まず、行ったのは日本の夏、8月17日から25日までの6泊9日
です。
さがすと6日間や7日間で行くツアーもあるようですが行ってみて
やはり9日間が最低必要かも。

こちらは夏でも向こうは冬です。
昼間は長袖1枚ぐらいでいられますが夜はジャケット、ウインドブレーカー、薄手のダウンなどを温度に合わせて重ね着する感じです。

マチュピチュ遺跡は暑いです。半袖でもいられる感じ。なので服は
たくさんもって行った方が良いです。通常はさほど汗をかかないので下着以外は毎日変える必要はなく、薄手から厚手までを各種2枚ずつもつ感じでしょうか?

リマまでは日本から米国までが10~13時間
米国からリマまでが7~8時間といったところです。

リマは平地ですので特に体調に変化はありません。結構都会で近代的なビルが建ち並びます。
リマからクスコまで飛行機で飛びますが、クスコに着いたとたん息苦しさを感じます。市内観光中に少しずつ頭が重くなってきて次第に頭痛を感じるようになってきました。
私は日本からダイアモックスと言う薬をもって行ってましたので
早速1/2錠飲みました。
不思議なものでダイアモックスを飲むと頭痛はすごくらくになりました。
クスコの観光を終えてマチュピチュに移動する頃にはまた少しずつ頭痛がするようになりましたが、ガイドさん曰く、マチュピチュは高度が低いので明日には頭痛はおさまる‥‥。
マチュピチュのホテルに着いて、夜は息苦しくて寝られないかもと思いましたが、ダイアモックスを1/2錠飲んで寝たら、朝起きるとほんとにウソのように頭痛もなくなり呼吸も楽になっていました。
クスコは標高が3400m、マチュピチュは標高2300mですので、いったんクスコに行って体を慣らすとマチュピチュが楽になるらしいです。
というわけで朝ご飯を美味しくいただいたあと、元気にマチュピチュを観光しました。
写真のようにすごくお天気がよかったので本当に素晴らしいマチュピチュ遺跡を見ることができー来て良かった!と心から思いました。
その後一旦クスコに戻り次はクスコよりさらに標高の高いプーノへの移動です。
プーノは標高3800m、途中最高地点標高4300mのララヤ峠を通過します。
ララヤ峠でトイレ休憩がありましたが、ゆっくりゆっくり一歩一歩歩きます。少し早く歩くと息が苦しくなり、この時にあせって息を吸おうとすると過呼吸になりたおれてしまうそうです。あくまでゆっくり、酸素を消費しないように、苦しくなったら深呼吸を心がけます。
なんとかララヤを通過し、かわいいベビーアルパカに餌をあげる余裕もでき、目的地プーノに到着です。
決して標高は低くないので走ったりは禁です。ゆっくり歩けば特に問題ありません。
チチカカ湖のウロス島はトトラと言う藁で作った浮き島で先住民が生活しています。
船で渡りましたが電気もついていて少しずつ近代化はしてるようで、カフェなどもあって面白かったです。

マチュピチュ遺跡に行けたことは私の旅行体験の中で最高の収穫ですが、なによりも高地体験ができたことがとても良かったと思います。高地ではあんなに苦しく息苦しいものなんだ!頭痛や吐き気や下痢などに悩まされながらも低地に行けばけろっとしてしまう不思議さ。ダイアモックスを上手に使えばなんとかコントロールできることが分かったこと、など。
高地にずっと住んでる人は私が普通の速度で歩くことすらできないのに元気にサッカーをしてるのも面白かったです。
地球の裏側の人達がなんだかとっても親しみを感じる人達とわかったことも。

いろいろなことを学習させてくれた有意義な旅行ができたと思います。
楽で楽しいと言うような旅行ではないけど、ぜひ一度は行っていただきたい国、ペルーでした。

ペルー旅行
ペルー旅行
ペルー旅行
ペルー旅行

2013.04.16 開院17周年

 平成8年4月15日に開院して、御陰様で丸17年たち、18年目に入りました。
開院記念のお祝いに、みんなでラ・パルムドールさんへランチに行ってきました。
 ラ・パルムドールさんも12周年のフェアを開催しておられ、とてもお値打ちにおいしい食事がいただけました!ありがとうございました!
 ランチメニューの中の”パルムドール”というコースでしたが
さすが!パルムドールさんのお料理は見た目が美しく、食材も旬のものをふんだんに使い料理心の感じられる品々で満足致しました。
 最後のデザートプレートには開院おめでとうのメッセージを入れて下さり感謝です。
 本日は午後の診察が4時からなり患者様には大変ご迷惑をおかけしましたが、スタッフ一同美味しいものでおなかと心を満たされ、皆様のお役に立てるよう誠心誠意頑張りたいと思います。

開院17周年
開院17周年
開院17周年

2013.04.14 興福寺

今日は本当にあたたかで行楽日和でしたね。
主人と2人で興福寺の国宝を見に行ってきました。
興福寺と言えば阿修羅像ですね。
なんともいえず気品のある顔が大好きです。
3っつの顔をもっていますが、それぞれなかなか良い顔をしてますが
やはり正面の顔が一番好きです。
阿修羅像は本来は帝釈天と戦う暴れん坊だそうであまりいいイメージではないのですが、お釈迦様によって教化され守護神になったそうです。
だからなんだかとても強いめらめらとした意志を内に秘めた顔をしているのが魅力的ですね。悲しそうでさえあります。
優しそうに見えたり恐そうに見えたり、いろいろな表情を見せています。
その後、奈良ホテルでランチをいただいて帰ってきました。
散り始めた桜がなんとも風情がありのんびりした1日を過ごしました。

興福寺
興福寺
興福寺

2013.04.10 花見

三月の最終の日曜日にお花見に京都に行って来ました。まさに見頃で本当に美しかったです。
お昼は河原町の瓢正さんで。
笹巻ずしと懐石料理をいただきました。
こじんまりした風情のあるお店で美味しくいただきました。
見習いの板前さんと思われる若い衆が大変気持ちよく動かれて
日本の良い伝統をかいま見た感じでちょっと勉強させていただいた
気がしました。
おすすめですよ!
電話075-221-4424 
住所

花見
花見
1 2 3 4 5 6 7 8 9